依頼方法はどうするべきか

バッグの金具を交換する際には、まず、カバンの状態や金具の状態を専門業者に見てもらう必要があります。各店に電話をかける、インターネットで問い合わせる、または直接来店するなどして、カバンを見てもらいましょう。そのときに、金具の状態を見てもらい、修理方法を検討してもらいます。最近では必要な情報をネットで入力すれば簡単に見積もりをしてくれるなどといったサービスを実施しているところもあるので、忙しい方はこうしたサービスも利用してみましょう。

専門業者はもとのバッグと同じか似た金具、あるいはバッグと相性のよい金具をほとんど揃えてくれています。仕上がりがどのようになるか、きちんと説明を聞いてから依頼するようにしましょう。せっかくお気に入りのカバンを預けるのですから、信頼できる業者に引き渡すのが一番です。金具を交換することも含め、バッグ修理は2~3週間ほどかかります。バッグは直接店頭に行くか、郵送する方法もあるので、ご自分でお好きなほうを選ぶとよいでしょう。

バッグの金具はバッグによってはなかなか類似したものが見つからない可能性もありますが、代わりに相性のよい金具を見つけてくれる業者もあります。また、海外ブランドに対応しているなど、業者によってさまざまな特性があるので、見積もりのときに相談してみるのがおすすめです。

 

金具は専門業者で直す

たとえばバッグが破れてしまったときに自分で縫い合わせたり、取ってが壊れてしまったりしても、持ち手部分は市販されているところもありますから、自分でバッグ修理することもできなくはありません。しかしながら、金具部分は自分でなおすことが大変に難しい箇所になっています。なぜなら、金具部分はバッグそれぞれで細かにデザインやパーツ、大きさが違うからということと、金具を外したりつけたりするには専用の工具が必要になるからです。

一つの金具を直すために、代わりの金具を探し回り、専用の工具を購入し、自分で修理して、となると膨大な時間と手間がかかってしまいますよね。そこでおすすめなのが、専門業者に依頼してバッグ修理をしてもらうことです。専門業者であれば細かいパーツも在庫として持っている可能性が高いですし、工具も揃っています。何より、修理し慣れたプロの手で直してもらえるのですから、自分でなおすよりも安心でしょう

バッグの金具によっては多少料金が高くなる可能性もなくはないですが、どの店舗も料金表や見積もり依頼など、わかりやすい値段表記で対応してくれているはずです。一度自分のカバンの状態と要望を相談してみるのが望ましいでしょう。金具部分は小さい部分ながらバッグの大切なパーツです。プロに依頼してまた愛用できるようにしもらいましょう。

≪参照HP≫靴専科|バッグ金具修理

金具はバッグ修理の要

ショルダーバッグやビジネスバッグ、どんなバッグにもそのほとんどの場合、つなぎ目に金具がついています。どんなに気に入っているバッグでも金具部分が壊れてしまっては、使うことができなくなってしまいます。しかも、金具部分と呼ばれるのカバンのつなぎ目だけではなく、たとえばホックだったりバッグのカギになるところであったりとバッグを閉じる部分に使われていることもあり、まさに欠かせないパーツとして活躍してくれています。金具部分はバッグの要として、つねにわたしたちの生活に役立ってくれているのです。

壊れてしまうと困ることばかりのはず。しかし、心配することはありません。金具部分は交換したり修理したりすることが可能であり、壊れても直しさえすればすぐに使うことができます。また、金具部分はその性質ゆえにさびやすいという特徴もあり、いくら壊れていなくても錆びていると気になってしまいます。錆びた金具を交換することで、また新品のバッグ同様に使うことができます。

とはいえ、バッグ修理するときに金具ってどうやって直したらいいの?誰かが直してくれるの?などと、修理をしたことがない人にとっては、修理方法や依頼方法がわからない方もいるでしょう。そこで、ここではバッグ修理、特に金具部分が壊れてしまったらどう直せばいいのか、どこに依頼すればいいのかなど、バッグ修理の細かな情報をご紹介します。あなたのお気に入りのバッグを長持ちさせるために、プロの力を少々借りてみてはいかがでしょうか。きっとあなたの役に立ってくれるはずです。